YONDER  YOGA

SINGLE POST

恐怖が免疫機能に与える影響

人間は恐怖等を感じると、自律神経が乱れて、体の免疫機能や体調があっという間に変わってしまうようです。


@camatkaraitsuka 先生がシェアしてくれました。

ご参考まで。


先日インドのアーユルヴェーダクリニックの高尚なお医者様のお話しを聞く機会がありました。


アーユルヴェーダでは病気になる原因の中の一つに


・ウィルスやバクテリア


をあげていますが、わたしたちはそれを持って生まれ、それと共に生きてきたのです。


そのため、わたしたちの免疫を強くする必要があり、


その方法がアーユルヴェーダにはたくさんあります。


わたしたちが自分の免疫を強くしていれば、


ウィルスは怖がる必要はないものです。


しかし怖れが大きくなると、


自律神経から内分泌を乱してしまうことは知られています。


つまり自律神経が乱れないようにすることは、免疫を高めることにも直結しているのです。


ここにドクターからの予防法を記載しておきますね。


鼻、のどや肺は粘膜のあるところでとても繊細ですが、予防をきちんとしておけば、ウィルスなどには99%かかりません。


・ニームオイルの点鼻 両鼻2滴ずつ


・ハーブの煎じ液でうがい ジンジャーパウダー、ターメリック、クローブを小匙1/2、300ccの水で沸かし半分になるまで煮詰めたものを体温より1度高いくらいまで冷まし、うがいする。


できれば1分くらい口腔内に保持して。


コロナはそんなに怖がるものではないですが、


わたしたちの恐怖心によりことを大きくしています。


と最後にお医者さまは仰っていました。


ご参考になれば幸いです。